ウェルカムボードは「二人らしさ」がおすすめ

ウェルカムボードは準備の為ゲストをお迎えする事のできない新郎新婦の代わりにゲストをお迎えする役割も担っています。現在では、手作りのものだったり、専門の業者に発注したりと形もさまざまです。シンプルなもの、にぎやかなもの、大きいもの、小さいもの。全てがふたりを物語っています。手作りの方がより二人らしさを表現できますが、業者に頼んでいても自然と二人の人柄が出ているものなので不思議です。それと同時に見るだけで幸せのおすそ分けをしてもらったような気持ちになります。

ウェルカムボードの歴史を自分なりに調べてみると、始まりは一説では江戸時代の銭湯の看板と言われています。一般に普及してきたのは1990年頃で意外と最近の様です。始めは文字だけの案内の看板だったようですが、時代が進むにつれ個性を大切にする傾向も出てきたので現代の様な個性豊かなものになっていったようです。

結婚式には色々な意味が込められていて、両親への感謝の気持ちやゲストの方への感謝を伝える場でもあり、お披露目の意味もあります。結婚式にも新郎新婦の人柄がでるものだと言われています。そんな式の顔となるウェルカムボードにも二人らしさをアピールする事でゲストの方々にこれから始まる二人の門出の場をより楽しみにさせてくれます。実際私自身も今まで何人もの友人の結婚式に参加してきましたが、ウエルカムボードを見ると、‘どの様な式になるのかな‘とワクワクさせてくれます。私が参加した中で一番印象に残っているのは、新郎新婦の共通の趣味であるスノーボードの板にデコレーションしたものを飾っていました。最初目にしたときはただ驚きましたが、式の中で二人の共通の趣味で、スノーボードを通しての出会いと聞けば、「なるほど」と納得しました。個人的には二人の歴史を刻んだものも好きです。ゲストの中には二人が出会ってからどんな風に愛を深めていったのか、今日この日までどんな日々を積み重ねてきたのか知らない人もいます。たとえ付き合いを知っている友人であっても、知らない事も多いと思うので、付き合い初めからの写真などが使われていると興味が沸き式が始まるまでの間じっくり見入ってしまうものです。

やはり結婚式当日はゲストの方々もお祝いの気持ちで来てくださるので、結婚式の内容と同様にウェルカムボードにも感謝の気持ちを込めて二人らしいものにする事でゲストの方へのおもてなしにも繋がります。